読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひび割れホワイトボード

サハーにおける真人間となるために四苦八苦しているプシュケー的主体はゲデの導きによりその構造領域を集合的無意識まで遡りアストラル光を媒体にSurfaceを通じて宇宙と繋がり内なる自己との対話を繰り返す無限の虚無を表記し続けるただの社会復帰日記

Zoffのブルーライトカットメガネ、Zoff PCを買って1週間

日記

 す ご く い い ! ! ! ! ! 

 

 私の仕事は日がな一日PCと向き合うことが多いため、眼精疲労は恒常的な問題。特にキツイ1週間を乗り越えた週末になると眼球が引きちぎられるような痛みを感じることも。それでいて家に帰ればとりあえずPCを立ち上げ、モニタとともに生きているし、スマホも使うし眼球ブラック企業な生活を長いこと送っている私にはブルーライトの問題はもっと早く手を付けるべきだったと反省。
 そういえばbeatmaniaにドハマリしていた頃(今もたまにやるけど)は休日のほうが眼球を酷使していたようで、眼球が痙攣するような感覚に襲われたことも何度かある。ちなみに今の仕事を始めてから視力は落ちる一方なのでそのうち盲目になったら商家のドSな娘さんのところに丁稚奉公に行って素敵な春琴抄ライフを送り幸せに死のうと思う。

 さて、ブルーライトカットのメガネを書けたからと行って、眼精疲労が消滅するわけではないけれど、それでも疲労感はだいぶマシになったと思う。プラシーボの可能性もあるが、学会発表でブルーライトカットに効果があるのは立証されたという記事を以前見た記憶があるので多分効果があるのだろう。その時はブルーライトカットメガネを買うことなんて全然考えていなかったので内容もまったく思い出せない。現在捜索中。
 結論を言うと、眼精疲労を感じている人だけでなく、モニタと向き合って仕事をする人ならブルーライトカットのメガネは買いだと考える。今が大丈夫でもこの先どうなるかわからない。素敵な春琴抄ライフを送りたい同志ならそれはそれで構わないけど。
 ところで私はメガネというこの補助器具がとても苦手で、普段も必要なときしかかけないのだけど、ブルーライトカットはあまり苦にならない。おそらく度が入っていないからだと思う。メガネをかけているという感覚はあるけれど、違和感はそれほど感じない。逆に度が入っていると目が疲れる。安いブルーライトカットメガネは度なしが多いので、それをネックに思う人もいるだろうけど、安いということは物は試しと踏み切れると思う。Zoffのメガネは税込みトータルで4212円だった。メガネネット通販大手のJINSも同じくらいだったはず。Zoffを使うのかそれともJINSかはデザインで考えて大丈夫なはず。私はメガネに特段拘りもないため、ググって最初にヒットしたZoffを買った。ただ比較対象としてJINSも当然みていた。わからない分野こそ比較対象がないと決められない。
 最後に、ブルーライトカット率だがこれもそんなにこだわらなくて良いと思う。安いメガネはレンズに色がついているため、それが気になるならレンズの偏光率?でブルーライトをカットする仕組みのメガネを買う必要がある。ただし高い。そもそもどれほどの効果があるのか?から確かめたい人はとりあえず安いものから手を出しても問題ないだろう。
 先日、健康診断をしたところまた視力が落ちていたのでもしかしたらメガネを買い直さねばならないかもしれない。こういった機会にブルーライトカット効果を持たせた度入りのメガネを用意できればよいだろう。何にせよブルーライトカットはおすすめ。眼球が腐り落ちるくらいなら安い投資だ。防げ春琴抄ライフ♪